カンボジア実習生を受け入れるメリットとは

  • カンボジアからの実習生

    • 日本とカンボジアは深いつながりがあります。

      カンボジアの実習生情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

      カンボジアにとって日本は最大の援助国であり尊敬や感謝の気持ちを多く持っています。



      日本の経済発展に尊敬やあこがれを持ち、そこから学びたいという気持ちが高いのも特徴です。


      また仏教徒が多いことから感謝の気持ちを常に持ち、人を敬う心、真面目で勤勉、控えめであるなど日本人と共通する面も多いです。カンボジアからの実習生を受け入れている企業も年々増えています。
      様々な知識や技術を学びたい、覚えたいという気持ちを持って来日してくる実習生、それに対して日本の企業側としても真面目に取り組むその姿勢に企業としての事業拡大につながることとして双方がメリットを持っているということになります。日本はたくさんの発展途上国からの実習生を受け入れていますがその中でもカンボジアは温厚で協調性がある特徴があるので、教えやすい使いやすいという良さがあるので人気です。



      カンボジア側も日本へ送り出す機関でしっかりと日本語の習得や厳選された人材を送り出す体制が整っているのも良い点です。
      日本企業の海外進出も未来に向けて更に増加していくことになる中で、こうした海外からの実習生を受け入れることでその道筋がつけやすい、準備としての基盤になるということもあるのです。


      国際貢献の一環、そして日本の将来のためにも、発展途上国の進展のためにもこうしたつながりはとても重要になります。

      世界の発展のためにも様々な国同士の助け合いは大切なことです。