カンボジア実習生を受け入れるメリットとは

  • カンボジア人の実習生

    • カンボジアは約1500万人の人口で周辺国にタイ・ベトナム・ラオスと国境を持つインドシナ半島に位置しています。

      カンボジアの実習生の情報を簡単に探すことができます。

      カンボジア人のほとんどが熱心な仏教徒で感謝の気持ちはまず手を合わせて『ありがとう』と言い年配の人を敬うところや気配りも日本人に非常ににており素朴で素直・真面目な印象があります。
      カンボジアにおいて日本は最大の援助国で最近では非常に日系の企業が進出していて日本企業に大きな憧れと尊敬の念を持っています。



      特に日本人にたいしての信頼は他国と比較になりません。
      そういう国民感情もあり今日本に実習生としてやってくるケースが非常に増加してきていて、日本の企業にとっても実習生の受け入れは、少子高齢化・労働人口の減少の観点から非常にメリットがあり、双方の国でwin-winの関係が築かれ、実際日本では外国人技能実習制度という日本の企業が発展途上国の若者を技能実習生として受け入れ実際に就業に就いて実践的な技術や技能・知識を学び帰国後母国の経済発展に役立てるという仕組みになっています。
      一般的に受け入れる企業は管理団体を通じて生徒を受け入れることができ、入国した実習生は受け入れ企業と有期の雇用契約を結び実践的な能力を高めるために3年間もしくは5年間の技能実習に入ります。



      実習生は母国か日本の入国後指定の期間講習を受けることが義務付けされていますのできっちりと安心できる仕組みで学び、そして就労し、母国へ帰国します。