カンボジア実習生を受け入れるメリットとは

  • カンボジアの実習生が企業に持ってきたものとは?

    • 近年、日本にはたくさんの外国人実習生がやってきています。
      これは主にアジアの新興国の優秀な若者を日本の企業に派遣して、数年間の間そこで働くことによって日本の高い技術を伝授し、母国に帰国した後にその技術を伝えるという目的の下に始まったプロジェクトです。

      あなたの知らないカンボジアの実習生の情報を提供中です。

      実は、このプロジェクトが始まった当初は、中国やベトナムからやってくる実習生が多かったのですが、最近はその様子が変わってきています。

      今や、企業が一番欲しがる人材というのはカンボジアの若者だということをご存知でしょうか。



      なぜそんなにこの国の若者が人気なのかというと、まずはその素直な性格だということが挙げられます。

      アジアの他の国では、せっかく仕事を教えても謙虚に聴く態度が見られないために日本の従業員との間に溝ができてしまったという話は意外とたくさん聞かれることです。

      そこへいくとカンボジアの若者は素直な上に真面目なので、1回教えたことはしっかりと覚えるため企業からは高い評価を得ています。現在では、アジアからの実習生なら是非カンボジアの若者を受け入れたいという企業も少なくはありません。



      カンボジアの実習生たちが、日本の企業に新しい風を入れているということは事実です。彼らが入ってからというもの社内の雰囲気が変わり、社員同士の気持ちの良い挨拶も聞かれるようになったという話には枚挙にいとまがありません。

      企業はカンボジアからは実習生だけでなく、仕事をするうえで大切な精神も一緒に受け入れていると言うことができるのではないでしょうか。